2007年07月17日

過去とモノローグ

過去へと記憶をさかのぼることが多いこの頃。

記録から紡ぎだされるのは、7月は本を読むという事実。

小説を読む時期がその年で限られている。

必然か、偶然か―

ここ2,3週間で読んだものは

冷静と情熱のあいだRosso、Blue

聞きたい言葉。

そして、またノルウェーの森を読み返している。

去年は忙しく、インターンをやり

一昨年は授業がてんこ盛り。

今年はやることはあるが余裕はだいぶある。

小説を読むというのはやはり心境の変化だろうか。

今年は、辛すぎることが多い。

小説の中へ没頭することで、忘れることができる。

記憶とのモノローグは現実との乖離に打ちのめされる。

自然とさえ感じたものが、永遠の喪失に愕然とする。

この記録がこの先どうフィードフォワードさるのかは分からないが、

この気持ちが良いフィードバックとなることを期待する。
posted by たぽ at 01:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | だいありー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48086374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。